新生活を始める前に部屋探しで営業マンに騙されるな【騙されない究極の対処法】

新生活を始める前に部屋探しで営業マンに騙されるな【騙されない究極の対処法】 ビジネス

新生活が始まる春に向けて賃貸の部屋探しが忙しい時期です。

私は不動産管理会社と不動産仲介業者で合わせて10年以上勤務してきたので今回はその経験から部屋探しについての話をしたいと思います。

最後に騙されないための究極の対処法も紹介しています!!

パパ
パパ

部屋探しをする人が騙されないように賃貸の部屋探しでの営業マンの嘘を暴露します。

新生活の始まり♪賃貸の部屋探しで営業マンに騙されるな【時期やポイント】

新生活を始める前に部屋探しで営業マンに騙されるな【騙されない究極の対処法】

部屋探しって人生において何回もするわけじゃないので不安わからない事がいっぱいです。

そのわからない事や不安な気持ちを食い物にされないように注意してください。

まずは不動産屋について

賃貸業者の営業で働いていた時にだいたいの部屋探しをしている人が不動産屋さんという大きなくくりを勘違いしている人が多かったのでまずはその点を紹介します。

賃貸を探す時の不動産屋さんを細かく分けると
  • 家主(物件を購入した人)
  • 不動産管理会社(家主から管理をまかされてる会社)
  • 不動産仲介業者(家主や管理会社から部屋を紹介してとまかされてる会社)


なので今回の部屋探しの時の不動産屋さんは「不動産仲介業者」となります。
※以降は「仲介業者」と呼びます。

どこの仲介業者にいけばいい?

不動産仲介業者というと駅前でよく見かけますがどこも結局一緒です。

紹介する部屋を探すためには不動産仲介業者はレインズなどの不動産屋しか見れない空室を探すためのサイトを見て案内するんです。

だから紹介できる物件の量はほとんど同じなんです。

違うとしたらその会社がだけに任された物件(家主が専属でまかしている)があればそれはその会社しか紹介できません。

しかしその専属の物件の数はしれています。

その専属の物件も客が決まらなければ専属契約を切られるのでいずれ専属で預かっている不動産仲介業者も外部に出し始める(レインズなどに掲載する)事になります。

そうなれば他の不動産仲介業者が紹介できるようになります。

スーモやホームズなどで1度物件を探してみてください。

1つの物件にいろんな不動産仲介業の名前があると思います。

その意味はレインズなどのサイトを見た不動産仲介業者が誰でも紹介できるので色んな不動産仲介業者がのせていると言う事です。

※逆に1つの物件で1つの不動産仲介業しか載せていなければ専属契約している物件の可能性客を呼び寄せるためのおとり物件の可能性があります。

仲介業者に行くなら

上記の点から仲介業者に行くなら地域で長く営業しているorお客さんが多く来る業者が一番家主から専属の物件を預かっていて持っている可能性があります。ですが物件を多く持っているだけがいいわけではありません!

それよりも数字ばかりにとらわれていない親身になってしっかり探してくれるいい営業マンと出会う方が大切です。

悪い営業マンに注意!だまされるな!

まず営業マンは会社に営業成績の数字を毎日責められているのでお客さんから契約を取ろうと必死です!

あなたからもらえる部屋紹介での仲介手数料の家賃1ヶ月分家主からもらえる紹介料(広告料やAD)営業マンの利益になります。

あなたからもらえる部屋紹介での仲介手数料の上限は家賃の1ヶ月分ですが・・・

家主からもらえる紹介料(広告料やAD) は家賃の2~3ヶ月と言う物件が多くあります。
さらに営業マン個人に別途商品券をくれるという家主がいるので営業マンはそういう物件をなるべく紹介して売上やこずかいを増やそうとするんです。

①営業マンのこの物件が1番おすすめ!いいですよ!

この意味は自分が一番おいしい物件(家主からもらえる手数料が多い)なんでこの部屋で契約がとりたいということ!!

だいたい3つ物件を案内されて3つ目に自分が決めたいおいしい物件を入れてきます!

本当にいい物件と思っている場合はその物件だけ案内するはずです。他をわざわざ見せてくる理由おいしい物件に決めるための理由作りです。

②この物件今決めないと無くなりますよ!

物件はそんなすぐになくなりません!なくなっても同じような物件はだいたい有るので安心してください!そんな風に焦らす営業マンは数字にがめついのでやめたほうがいいです。

急がせて焦らせるような営業マンは本当に危険なのでほかの店に変えることをお勧めします!

③この物件もう申し込みが入ってて案内できないんですよ!

客寄せ用の物件を見てきたお客さんや他社が専属で預かっていて紹介できない物件紹介料がめちゃくちゃ安い物件を見たいといわれた時にいう言葉。

今どきのお客さんはだいたいスマホで気になる物件を見ているのでこれも気になると出された時につぶしを入れるために言ったりします。

④その礼金本当に必要・・・

契約にかかる礼金ですが注意してください!礼金を取った分だけ仲介業者の利益になる物件が多いです。

だから家主が礼金無しで募集していても仲介業者が勝手に礼金を取ることがあるので礼金が付く物件の場合はすぐに契約せずに一度他の仲介業者に確認してみてください。

本当に礼金がかかる場合でも仲介業者の家主からもらえる広告料を減らせば礼金はだいたい下げれます。

そこまでしてくれる営業マンを選びましょう。

⑤見積もりにいらないものが・・・

家主が指定していないものを仲介業者が勝ってに見積もりに入れてきます。

  • 入居前消毒や消臭、ハウスクリーニング代
  • 24時間安心サポート

このへんは特に家主が指定していないことが多くて仲介業者が勝手につけていることが多いです。見積もりに記載があった場合は注意しましょう。

見積もりに記載があった場合は

申込者
申込者

前に騙されたことがあるので今家主or管理会社に確認の電話してもらって電話変わってもらえますか?

住んだ後に家主or管理会社に見積もりの確認してもらってもいいですか?

と言ってみて営業マンの反応を確認するのもいいですよぉ~

悪い営業<br>
悪い営業

やっべぇぞ・・・見積もり作り直しだなぁ・・・

騙されないための究極の対策法

部屋探しの契約は宅建業法に関わる大事な契約なので不安な人は案内の時からボイスレコーダーで録音するのが一番です。もし嘘があれば契約を無効にできます!!

実際に私が営業の時に一番強烈にきつかったのがこのボイスレコーダーで録音してもいいですかでした・・・

この相手にさらに見積もりを出した後に

嘘がないか住んだ後に家主or管理会社に見積もりの確認してもらってもいいですか?と聞かれたのが一番きつかったのでこれが一番の騙されない対策方法です。

ここまでやられたら言った言わないで切り抜けれないのでかなりきつい・・・

それに録音を断る営業マンなんかどこかで嘘を付いてくるっていう証明になりますし、嘘を付く気がないなら録音されても大丈夫なはずです。

本当に不動産の部屋探しは嘘や騙しがいっぱいなので自分で身を守って部屋探しするのをお勧めします。

契約で騙されないためのボイスレコーダー

録音ボタンを一回押せばすぐに録音がスタートして操作が簡単♪値段も安くておすすめ♪

ペンタイプなので胸ポケットに入れて録音ボタンを押すだけでポケットに入れたまま簡単に録音できておすすめです。

コメント

  1. […] 新生活を始める前に部屋探しで営業マンに騙されるな【騙されない究極の対処法】私は不動産管理会社と不動産仲介業者で合わせて10年以上勤務してきたので今回はその経験から部屋探 […]

タイトルとURLをコピーしました