バイクのリアブレーキパッドを自分で交換【ブレーキパッドの残量と交換時期】

バイクのリアブレーキパッドを自分で交換【ブレーキパッドの残量と交換時期】 バイク

みなさんどうも♪ファミリーライフブログ(@familiy_lifeblog)のパパです♪

私の愛車はKawasaki(カワサキ)ESTRELLA(エストレヤ)のRSで250ccのバイクに乗ってます

先日記事でも紹介しまっしたがバイクのパンク修理が無事に終わりました。

パンクの修理が完了してリアにタイヤをはめ込むときにブレーキパッドがポロリ・・・

パパ
パパ

これどうやってはめ込むの・・・???

ブレーキパッドを見てみるとパッドの残量も全然ありません!!やばい・・・

パパ
パパ

よしっ!ブレーキパッドを交換してみよう!!

オススメのブレーキパッドと交換方法を調べて自分でリヤブレーキパッドを交換したので紹介いたします。

バイクのリアブレーキパッドを自分で交換【ブレーキパッドの残量と交換時期】

ポロリと落ちてきたブレーキパッドのはめ方もわからない私・・・

まずはブレーキパッドの購入のためどれを買おうか調べてみました。

街乗りにオススメのブレーキパッド発見

デイトナ(Daytona)のハイパーシンタードパッドが純正よりも減りにくくて長持ちするようで街乗りには最適みたいです。

私のバイクの乗り方はのんびり走行なので「赤パッド」よりも街乗りに適したこの「ハイパーシンタードパッド」を購入しました。

オススメのブレーキパッド

ブレーキダストが出にくく、ホイールが汚れにくいのでおすすめ。一般走行での耐久性や快適性重視のニーズにピッタリのブレーキパッドです。

ブレーキパッドの交換時期は??

交換時期は目安ですが走行距離とパッドの残量で交換時期を考えます。

ブレーキパッドの走行距離で考える交換時期

ブレーキパッドの交換時期はバイクの走行の仕方やパッドの劣化具合でも変わってきます。目安としては走行距離は5,000km~10,000kmくらいが一般的です。

ブレーキパッドの残量で考える交換時期

バイクの新品のブレーキパッドの厚みは、メーカーによっても違いはありますが約5mmくらいとなっているため残量が3mm~2mmくらいになったら交換を考え出した方がいいです。

1mm以下になったらローターやキャリパーが傷む可能性があるのでそれまでに交換することをおすすめします。

パパ
パパ

私のリアの残量は0.5mmほどで危なかったです・・・

リアブレーキパッドの交換方法

ブレーキパッドが用意できたので交換してみようと思います。

車体からブレーキキャリパーを外す方法

エストレヤのリアブレーキキャリパーの外し方はとっても簡単です。

ヘキサゴンレンチを使って2箇所のホルトを外すとキャリパーが外れます。

ロングタイプのヘキサゴンレンチが使いやすくておすすめです。安物の工具はネジ山をなめさせてしまう可能性があるので注意が必要です。

オススメのヘキサゴンレンチ

ロングタイプのヘキサゴンレンチで片側がボールタイプで使いやすい。安心のメーカー製の工具でオススメです。

ブレーキパッドを外す

キャリパーに付いているブレーキパッドを外していきます。

外し終われば新しいブレーキパッドを取り付けるためにブレーキパッドの真ん中のピストンを押し戻しましょう。

ピストンを押し戻す専用工具があれば楽ちんですがない場合は古いブレーキパッドが付いている状態でパッドの間(ディスクが挟まっていた位置)にマイナスドライバーなどを挟んでテコの原理で押し戻します。

ピストンを戻す専用工具

スライド式のハンドルだから緩めるのも締めるのもラクラクでオススメです。ブレーキパッドの交換時はこの使いやすいディスクブレーキセパレーターを使ってピストンの位置を押し広げてパッド交換しましょう。

ブレーキパッドの新旧比較

外したブレーキパッドと新品のブレーキパッドの違いを確認してみます。

こうしてみると見やすいです。新品のブレーキパッドと並べてみるとかなり減っていました。

パパ
パパ

かなり減っちゃってますねぇ・・・しっかりブレーキパッドの残量確認はしないといけませんねぇ!!

ブレーキパッドの取り付け

ブレーキパッドを取り付けていきます。

ピストンをしっかり戻していれば簡単に取り付けられます。

交換してみた感想

リアのブレーキパッドの交換は手順通りに行えばめちゃくちゃ簡単でした♪

交換した後走行しましたがブレーキの効き具合が良くなり交換してよかったです。今度はフロントのブレーキパッドを交換してみようと思います。

オススメの記事

オススメのバイクヘルメットを紹介しています♪

クラシックバイクにおすすめのフルフェイスヘルメットとシールド【旧車やハーレーにも人気】
DAMMTRAX(ダムトラックス)の「AKIRA(アキラ)」ヘルメット購入しました。フルフェイスって暑苦しいイメージですが開放型フルフェイスになっているので涼しく被れて視野が広いため回りが見えやすい。安全確認しやすいのがとてもいいです。

ヘルメット着用時の髪形の悩みはこれで解決♪

エアーヘッドでヘルメット着用時の髪型の崩れや髪がペタンコを解消
この「airhead/エアーヘッド」はヘルメットを被る際の髪形の崩れや髪がペタンコになってしまう悩みを少しでも解決するため作られました。ネコッ毛でヘルメットをかぶるとペチャンコになりやすい方で困ってましたがこれを着用することで悩みが解決したので紹介します。

ヘルメットのあごひもはワンタッチ式がおすすめ♪

バイクのヘルメットのあごひもはワンタッチ式がおすすめ【ワンタッチバックルの取り付け方】
ヘルメットのあごひもの付け外しがしにくくて悩んでいました。今回ダムトラックス(DAMMTRAX) のワンタッチバックルを取り付けてみましたが取り付けはめちゃくちゃ簡単で使いやすくとっても便利になりました。取り付け方の紹介しているのでご覧ください。

視界良好なクリアシールドがオススメ♪

ヘルメットのシールド割れ!「ダムトラックス(DAMMTRAX) のアキラ」専用シールド交換しました♪
落として割れてしまったヘルメットのシールドを交換しました。購入したのはダムトラックス(DAMMTRAX) の「アキラ(AKIRA)」専用のクリアシールドです。クリアな視界で夜の街灯が少ない道や雨の日も安心して運転できておすすめです。

バイク用品を買うなら楽天やAmazonがおすすめ

オススメのバイク関連記事
カワサキ・エストレヤRSの負圧ホースとガソリンホースの交換
カワサキ・エストレヤRSのホース類の交換はとても簡単でした。タンクのガソリンコック側に先に負圧ホース(バキュームホース) とガソリンホース(フューエルホース)を付けておくと負圧ホースの先を付けるのにタンクを浮かしながら差し込むだけでいいのでらくちんでした♪
カワサキ・エストレヤRSのキャブレターオーバーホールやってみた
今回のカワサキ・エストレヤRS250は負圧式のキャブレターでバキュームピストンタイプのニードルになっていたのでその部分だけが少し違った印象でした。それ以外はあまり違いはなかったので順調に終わることが出来たのでよかったです。
フロートのパッキンが伸びて付かない【伸びたゴムをお湯で戻す方法】
フロートパッキンはキャブレターのオーバーホール時に交換してまだ3日ほどしかたってませんが伸びて収まらず困っていました。そんな時に一か八かお湯に入れてみると不思議と縮んで元のサイズに戻ってくれたので今回記事にて手順を紹介しています。
カワサキ・エストレヤRSのエンジンオイル交換とピボットキャップ取り付け
バイクのエンジンオイル交換はまめにするのが一番です。大事なエンジンパーツを守るために定期的に交換しましょう。エストレヤRSのオイル交換はとても簡単なので自分でいつもやっています。今回はエストレヤのオイル交換の方法を紹介します。
カワサキ・エストレヤRSのニードルジェットの位置をワッシャーで変更【 混合気の調整】
エンジンが温まるまでの間ですが走り出すと息継ぎしてしまう症状に悩んでいました。キャブレターのニードルジェットの調整で治るかもと思いワッシャーを入れて調整してみました。今回はそんなニードルジェットの混合気調整の紹介記事です。

コメント

  1. […] バイクのリアブレーキパッドを自分で交換【ブレーキパッドの残量と交換時期】今回はバイクのリアブレーキパッドを自分で交換してみました。ブレーキパッド交換時期や自分でブレー […]

タイトルとURLをコピーしました