硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪ バイク

みなさんどうも♪ファミリーライフブログ(@familiy_lifeblog)のパパです♪

冬になってエストレヤの持病のエンストが気になってきてので

ちょうど連休で時間が合ったのでバルブクリアランスの調整をすることにしました。

タンクを外してプラグをはずして

ジェネレーターカバーの真ん中についているキャップを外そうと

コインドライバーで回してみますが・・・

固すぎる・・・

力を込めてグッと回してみると・・・なめっちゃった・・・

少しネジ山をなめったせいでコインドライバーの先の引っかかりが弱くて

もうはずせません・・・オワタ

パパ
パパ

今回はそんなジェネレーターカバーのキャップとの戦いの記録です(笑)

スポンサーリンク

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

本当に硬いジェネレーターカバーのキャップ!

このままではバルブクリアランスの調整ができないまま終わってしまう・・・

今回はどうしようかと悩んでいました「ショックドライバー」を使って

一か八かの勝負に出ることにしました。

パパ
パパ

コレで開かなかったらお手上げでバイク屋に持っていこうかと考えながら挑戦しました。

キャップをはずすために用意した工具の紹介

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

今回は考えた末に「ショックドライバー」に「コインドライバー」を付けてやってみようと3点の工具を用意しました。

  1. ショックドライバー
  2. ショックドライバーの先端に付けるビットホルダー
  3. ビットタイプのコインビットドライバー

ショックドライバー

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

ショックドライバーは、ビットを装着したら回転向きを緩む方向に合わせてセットしてハンマーで叩くと固着したネジを緩めることができるすぐれものです。

私が使っているショックドライバーはSTRAIGHT(ストレート)のもので

先端部のアダプターを取り外せば、1/2″(12.7mm)の差込角になっているのでソケットの装着もできて便利です♪

ショックドライバーに取り付けできるビットホルダー

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

STRAIGHT(ストレート)のショックドライバーの先端部のアダプターを取って取り付けるのがこのビットホルダーです。

コーケン製の1/2(12.7mm)の差込角に取り付けることができるビットホルダーです。 先端は1/4(6.35mm)のビットを取り付けることができます。

コインドライバービット

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

コーケン製のビットホルダーの先端に付けるのがこの「アネックス(ANEX) コインドライバービット」です。

6.35mmの六角軸なので電動ドライバーにも使えるコインビットドライバーです。

ショックドライバーを使ったジェネレーターカバーの固着したキャップの外し方

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

さっき紹介した3点の工具を組み合わしていこうと思います。

まずはショックドライバーの先端の黒い部分を外して準備します。

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

はずしたらショックドライバーへ順番に取り付けていきます。

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

取り付けるとこんな感じになります。

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

ショックドライバーの使い方は簡単でボルトを緩める方向に動くようにセットしてあとはハンマーでお尻の部分を叩きます。

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

しっかりとコインドライバーの先端をネジ山に押し当てたらインパクトドライバーのお尻をハンマーで思いっきり叩きます!

「カチコーン!!!」

すると・・・・・・

・・・

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

無事にジェネレーターカバーに付いているキャップが緩んでくれてはずすことができました♪

パパ
パパ

うれしくて思わず「よっしゃ~」と叫んじゃいました♪

バルブクリアランスの再調整

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

やっとバルブクリアランスの調整を再開できます。

詳しいエストレヤのバルブクリアランスの調整方法はこちらの記事で紹介しています。

エストレヤのエンストの原因・バルブクリアランス(タペット)調整方法
バルブクリアランス(タペット)調整方法の紹介です。シックネスゲージを使った0.01mmの調整はマイナスドライバーで調整してナットで固定しようと締めると調整した位置が微妙にずれるので何度もやりながら納得いくまでやりましたがなかなか難しかったです。

ジェネレーターカバーのキャップが外れたのでやっと圧縮上死点に合わすことができます。

キャップをはずした中に14mmのソケットレンチを差し込んで反時計回りに回転させながら左下の切欠きにTマークに合わします。

Tマークに合いそうなタイミングでプラグホールから空気が噴出してきたら、それが圧縮上死点です。

シックネスゲージを使ってバルブクリアランスを調整

シリンダー上部のタペットキャップを外して調整を行います。

エストレヤのタペットクリアランスの調整値
・IN(吸気)側: 0.10 ~ 0.15mm
・EX(排気)側: 0.17 ~ 0.22mm

エンストをしにくくするには広い側に調整するのがいいみたいで

・IN(吸気)側: 0.15mm
・EX(排気)側: 0.20mm

数値の大きい方に調整することにします。

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

キャブレター(吸気)側は0.15mmに調整♪

硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪

マフラー差込口(排気)側は0.20mmに調整しました♪

パパ
パパ

後はもとに戻して完了です♪

感想

チャチャッとバルブクリアランスの調整をしようと試みましたが

まさかのジェネレーターカバーのキャップ外しに苦戦してしまいました・・・

ですが工具箱に忍ばしていた道具のおかげでなんとか切り抜けられました♪

ショックドライバーってなかなか使う機会がありませんが

購入していて本当に助かりました♪

バルブクリアランスの調整の後は最近発生しだした信号停車時のエンストもなくなりました♪

パパ
パパ

いろいろと古いバイクなので手がかかりますがDIYで自分でメンテナンスして愛車を可愛がっております♪他にもバイク記事書いているので見ていってね〜

おすすめの関連記事ピックアップ
カワサキ・エストレヤRSの負圧ホースとガソリンホースの交換
カワサキ・エストレヤRSのホース類の交換はとても簡単でした。タンクのガソリンコック側に先に負圧ホース(バキュームホース) とガソリンホース(フューエルホース)を付けておくと負圧ホースの先を付けるのにタンクを浮かしながら差し込むだけでいいのでらくちんでした♪
フロートのパッキンが伸びて付かない【伸びたゴムをお湯で戻す方法】
フロートパッキンはキャブレターのオーバーホール時に交換してまだ3日ほどしかたってませんが伸びて収まらず困っていました。そんな時に一か八かお湯に入れてみると不思議と縮んで元のサイズに戻ってくれたので今回記事にて手順を紹介しています。
カワサキ・エストレヤRSのガソリンコックオーバーホールやってみた
今回ガソリンコックが負圧式なのにONにレバーをしていてもガソリンが漏れてきていたためガソリンコックの分解・オーバーホールをおこないました。分解はプラスドライバーがあれば分解できるのでとても簡単で作業をしてみると内部の仕組みがわかり面白かったです。
カワサキ・エストレヤRSのマフラーの芯抜きで音量アップ♪芯抜き方法の紹介【音量動画付き】
通勤で使用している私のバイクのkawasaki(カワサキ)・エストレヤRSですがマフラーがノーマルで静かすぎるのでマフラーの芯抜きをしてみることにしました♪動画も撮ったので動画付きで紹介しています。
カワサキ・エストレヤRSのキャブレターオーバーホールやってみた
今回のカワサキ・エストレヤRS250は負圧式のキャブレターでバキュームピストンタイプのニードルになっていたのでその部分だけが少し違った印象でした。それ以外はあまり違いはなかったので順調に終わることが出来たのでよかったです。
カワサキ・エストレヤRSのフロントブレーキパッド交換♪オススメのブレーキパッドはコレっ♪
リアブレーキパッドは交換しましたがフロントのブレーキパッドはまだ交換が出来ていなかったので今回フロントのブレーキパッド交換することにしました。今回の交換で前後のブレーキが変わり快適に運転することが出来るようになりました♪今回はそんなフロントブレーキパッド交換記事です。
チューブタイヤのパンク修理【エストレヤのリヤタイヤを自分でパンク修理】
今回は初めてチューブタイヤのパンク修理をしましたが失敗することなく修理ができました。修理の過程を紹介しています。慎重にちゃんとおこなえば自分でできるので修理に持って行って高いお金を払うなら難しくないので自分で修理するのがいいです。
カワサキ・エストレヤRSのエンジンオイル交換とピボットキャップ取り付け
バイクのエンジンオイル交換はまめにするのが一番です。大事なエンジンパーツを守るために定期的に交換しましょう。エストレヤRSのオイル交換はとても簡単なので自分でいつもやっています。今回はエストレヤのオイル交換の方法を紹介します。
クラシックバイクにおすすめのフルフェイスヘルメットとシールド【旧車やハーレーにも人気】
DAMMTRAX(ダムトラックス)の「AKIRA(アキラ)」ヘルメット購入しました。フルフェイスって暑苦しいイメージですが開放型フルフェイスになっているので涼しく被れて視野が広いため回りが見えやすい。安全確認しやすいのがとてもいいです。
ファミリーライフのYoutubeチャンネル開設しました♪
心優しいそこのあなた様!
チャンネル登録お願い致します♪
↓↓↓↓↓
↓↓★☆バイク好きなら要チェック☆★↓↓
スポンサーリンク
★☆アプリやゲームでちょっと一息☆★
↓↓人気アプリをチェック↓↓
バイク
スポンサーリンク
ファミリーライフブログをフォローする
ファミリーライフブログ

コメント

  1. […] 硬いネジもショックドライバーで1発!ジェネレーターカバーのキャップがなめった時の解決方法♪バルブクリアランスの調整をしようとしたらジェネレーターカバーのキャップが固着し […]

タイトルとURLをコピーしました